反省の多い初日。

2009年8月11日 by 水月

初日は当初予定の1/3程度しか移動できませんでした。

原因は、自転車の整備不良、お尻の痛み、足の痛み。とにかく準備・経験不足です。

まず走り始めてすぐ、8月7日、8日のテスト走行各約20kmの際の肉体的ダメージが残っていることを実感。お尻と足に痛みが出始め、さらに自転車に重大な故障が発生していることが発覚するという前途多難なスタート。

故障箇所は部品交換が必須となったのですが、取り扱っていないメーカーの車種なので触りたくないとか、予約なしで当日すぐには修理できないなどと断られました。

ショップ店員さんの「今まで走ってこれたんだから大丈夫」という冷たい言葉が印象的。今時の人間関係ってドライだと痛感…。

このまま出かけることは無謀とも思え旅の延期も考えましたが、最悪、電車等に乗って帰ればいいやと、強行することに。ちょっとした意地と根性ですかね。馬鹿かもしれないけど。

一番きついのは、お尻の痛み。これがとにかくひどい。

サイクリング用のクッション入りパンツも効いているのかよくわからず、さらに急遽クッション入りのサドルカバーを追加導入したけど、あまり状況は緩和せず。今、こうしてマックの椅子に座ってブログを更新しているだけでも、実はちょっと辛いです。体重が増えすぎた影響もあるのでしょうか…。

運転姿勢を考えてみると、ハンドルが街乗り仕様で上体が起きた上体になっているため、体重のほとんどがお尻の集中している模様。前傾姿勢になり、腕に体重を移動すると少し楽なので、ハンドルを調整しなおしたいところ。

あと、アクアモック(靴)は長時間サイクリングにはあまり向かない模様。靴底がやわらかすぎて足への負担が多いようで、痛くてペダルをこぐのが辛くなりました。これまた、大人の反則技で、急遽高級サイクリングシューズとビンディングペダル(SPDペダル)を導入しました。

しかし、ビンディングペダルは初心者&街乗りには難しいですね。慣れないうちは、信号の停止時等でシューズがペダルから取り外せずバランスを崩して3回もど派手に横転しました。荷物が重すぎるので横転しやすい、というのもあります。両手、両腕にあざができました。おでこにも見慣れない赤い跡が…。ペダルをこぐのは楽ですよ。パワー伝達ロスが少なく軽い感じ。自転車と一体になったような感覚。

ちなみに通常のペダルを使う場合は、靴底の堅いトレッキングシューズが良いみたいです。

できなかったことができるようになる喜び。

てなわけで、けっこう満身創痍なのですが、引き続きがんばって出かけてみようと思います。旅して気付いたのですが、大人になって慣れないことにチャレンジすることが減って、経験の少ないことへの適応力が落ちている、と。

なんやかんやいろいろありましたが、継続してチャレンジすることにより、できなかったことができるようになる喜びや達成感を久々に感じた気がしています。

関連記事

コメントを残す