日本一周自転車旅行記:第1次遠征4日目

2010年1月11日 by 水月

2009年8月13日木曜日、栃木県宇都宮市からスタート

緩んだ心は、力を奪う

朝起きると身体がかなり重い。ようやく宇都宮まで来られたという安堵感みたいなものが、余計に気持ちを緩ませたのだろうか。

この日の朝は、ホテルのチェックアウト時間である10時ギリギリまで滞在。荷造りに毎日1時間近くも掛かっている。上手く工夫しないとバッグの中にバランス良く荷物が詰め込めないのだが、それにしても、もう少し素早くできないものか。

体力的な限界が見えてきたため、宇都宮市内に連泊するつもりで、のんびり洗濯をすることに。

旅行中の洗濯は、コインランドリー

着替えは、荷物の量を抑えるために、約4日分程しか持っていないので、ちょうど洗濯が必要な頃だった。コインランドリーが完備されているホテルはありがたい。

近くのコンビニでサンドイッチやマンガ雑誌を買ってきて、コインランドリーの横の屋外階段で、太陽の光を浴びつつ、食べながら、読みながら待っていた。疲れていたこともあり、パソコンを使ってブログを更新しようという気力は、残念ながら沸いてこなかった。疲れているとパソコンを使いたくなくなるのは何故だろう。

洗濯が終わったのは、12時過ぎ。とりあえず、宇都宮周辺を観光しながら、栃木県庁の写真を撮りに行くことにしてコインランドリーを出て、ホテルの本館の自転車置き場まで重たい荷物を担いでいった。

宇都宮の名物といえば、餃子ということで…

自転車を荷物に積み込み、まずはJR宇都宮駅東口前の餃子像を見に行くことに。西口側に居たので、線路の下を通れる道までぐるりと回り込んで東口へ。駅前のロータリーをうろうろしているとありましたよ、噂の餃子像が。

何とコメントして良いのやら。とにかく、凄いプロポーションというか…。像の横には「餃子の皮に包まれたビーナスをモチーフに地元の大谷石を使い製作」と書かれていた。見に来る人は、たいてい笑っていた(笑)

3つ目の目標地点、栃木県庁

iPhoneの地図で栃木県庁へのルートを検索。しかし相変わらず、街中を行ったり来たりしがちで、どうもスマートに辿り着けない。カーナビと違って、画面をつけたり消したりしているから、余計に距離感が分からず通り越してしまいがちだった。

そしてようやく辿り着いた栃木県庁は、キレイで近代的な建物。まわりには居心地の良い大きな広場もあり、何だか贅沢な感じがして、栃木県の財政って、意外と豊かだったのか!? なんて、ふと思ってしまったり。写真は、県庁正面の並木道から撮影。並木道をくぐり抜けると県庁が現れるという立地も良いと思った。

壊れたパーツを求めて

県庁の写真を撮影し、この日の目標は達成。実は、ホテルの駐輪場を出る際、自転車のワイヤーロックの鍵を開けた直後、錠前の部分がバラバラに壊れてしまった。かなり頑丈なワイヤーロックなので、まさか壊れてしまうとは思ってもいなかった。鍵がないと安心して駐輪できず、とても不便、何気に重要なアイテムだ。

ワイヤーロックの他、前日壊れてしまったバックミラーも買い直したかったので、iPhoneでスポーツ自転車を扱っていそうな自転車屋を検索。iPhoneの地図を見ながら進むと、例のごとく道に迷った。方向音痴でもないのに、iPhoneの地図を見ながら進むと、どうもこうまで迷ってしまうのか不思議だった。

やっとお店の前まで行ってみると「お盆で休業します」との案内が。お盆に休むという忘れていた感覚をこんなかたちで思い出すとは思わなかった。

iPhoneでもう一度お店を検索すると、少し離れた場所にホームセンターを発見。またまた道に迷いつつも、ホームセンターに辿り着き、錠前の部分が金属で丈夫そうなワイヤーロックを購入。バックミラーの方はママチャリに付けるようなものしか置いてなかったので諦めた。

ホームセンターでは、つい目移り。旅で使えそうな便利なアイテムがないか物色したりして、時間が過ぎた。ホームセンターから出ると、ペットボトルに残っていたドリンクはぬるま湯になっていた。この日の日差しは強烈で、日焼けで腕や脚が真っ赤。油断して日焼け止めを塗らなかったのは間違いだった。

どうせなら少しでも前に進んおきたい

ホームセンターの隣のマクドナルドで遅いランチを取りつつ、マクドナルドの無線LANスポットにiPhoneを接続。ケータイの回線(7.2Mbps)より、無線LAN(10Mbps)の方が快適だと気付きつつ地図を見ながら、これからどこへ行こうか、夜はどこに宿泊しようかと考えを巡らせた。

ホテルを出てからホームセンターまで辿り着くまでに、なんやかんやで十数kmは走ってきただろうか。宇都宮駅方面に戻ると、次の目的地である福島県方面とは逆方向になってしまう。どうも戻るという行為ができない性分で、ふと、「どうせなら少しでも前に進んおきたい」という気持ちになってしまった。

iPhoneで宇都宮より北方のホテルを検索してみると、那須の方に宿をいくつか発見。那須なら今日中にどうにか辿り着けそうと判断し、料金や場所などいろいろ比較検討したうえで、JR西那須野駅近くの安いビジネスホテルをネット予約した。ホテルを予約したからには、もう後には引けず、前に進むしかない。

それにしても、スロースターター。気が付けばもう夕方16時頃。なのに、急遽、那須方面を目指すのであった。

走りやすかった国道4号線

那須方面へは、国道4号線をひたすら真っ直ぐ進むだけで、地図も見ずに進めて楽。道路の舗装状態もわりと良く、やけに道幅が広い区間は特に快適だった。日も沈んできて暑さも和らいでいたので、ただひたすら黙々と走り続けた。

途中、道幅が狭い区間では歩道を走ったりもしたのだが、歩道のアスファルトを突き破って草がびっしり生え揃っているところがあって、郊外に行くほど植物の生命力の強さを感じた。

草の間を自転車で駆け抜けると、脚にぶつかる葉っぱが意外と痛い。この日は軽装で肌が剥き出し。日焼けの件もそうだが、腕や脚には、夏でもカバーをしていた方が何かと都合が良いと気付いた。

夜になると小雨が降り、レインウェアの出番かとも思ったがそれほど濡れず、霧のシャワーを浴びたような感じでむしろ快適だった。市街地から離れ、坂を上っていく区間は道が暗く、ちょっと怖い感じがした。自転車のヘッドライトの光は弱いので、後ろから来る車のヘッドライトの光がありがたい。国道4号線は交通量がわりと多く、様々な車のヘッドライトが道を照らしてくれた。

予約手違いと広い部屋

この日泊まるビジネスホテルは国道4号線沿いで、特に迷うことなく、すぐに見つけることができた。ホテル周辺は信号がやけに少ないのだが、交通量が多く、信号がない場所を横断するのはほぼ不可能。数百メートル先の信号まで行って、ついでにJR西那須野駅周辺をぐるっとまわって、美味しいご飯どころでもないかと眺めつつも、駅周辺はどうも灯りが少ない。20時半頃にホテルに戻ってきた。

ホテルのフロントで名前を告げると、何と、予約が入っていないという。ビックリして調べてもらったら、何故か別の日に予約が入ってしまっていた。当日予約の画面で申し込んでいるので、わざわざ別の日付を選ぶミスは考えにくい。予約システムに何か問題でもあったのだろうか。

そんな状況でも、フロントの方は柔軟に対応してくれて、1人で泊まるには広い2人用の和室に無事宿泊できました。ホテルの柔軟な対応に感謝です。

カッパと新幹線

ホテルの食堂でエビフライを食べている人を見かけたのだけど、それが凄く美味しそうだったので、夜ご飯はそこで食べようと思ったのだが、シャワーを浴びて食堂に向かうと、電気が消えていてビックリ。夜9時閉店だったのだ。

で、外に出てみると、国道沿いの店がけっこう閉まっていてビックリ。東京なら、今まさにこれから飲む時間なのに、何て思った。選択肢はコンビニと「かっぱ寿司」のみ。生まれて初めての「かっぱ寿司」に入ってみることにした。

お店に入ると「カッパ、カッパ、カッパッパ、カッパ寿司♪」の歌が無限ループ。以来、「かっぱ寿司」と聴くと、頭の中にこのフレーズがループしてしまう…。

初めての「かっぱ寿司」は、驚きがいっぱい。回転寿司形式なのだが、チェーンコンベアを流れてこない品やビール等の注文はタッチパネルの機械を使う。その作法が分からずに店員さんに質問したら、口頭で注文しても大丈夫とのことで、とりあえず、ビールをくださいとお願いした(笑)

流れてくる皿を見ていると、これまたビックリ。寿司のあとに、ハンバーグとか、ケーキやプリン、メロンなども流れてくる。慣れない僕には異様な光景に見えた。

流れていない寿司を注文すると、新幹線の絵がついた車両が勢いよく寿司を運んできて面白い。流れる皿のスピードと比較すると、まさに新幹線という感じ。なんやかんやで、けっこう楽しくて、34歳の僕はウキウキしながら食べまくってしまった(笑)

ダイエット成功の兆し?!

23時前に「かっぱ寿司」を出たあとコンビニに寄ってから部屋に戻り、ブログで近況を簡単に報告したあと、0時頃眠りについた。

ちなみに、コンビニで雑誌「ターザン」の表紙を見てドキッとしたのだが、これだけ飲み食いしているにも関わらず、自宅を出てから既に3.5kgくらい痩せていた。とはいえ、細マッチョにはほど遠かったのだが(笑)

なお、この日の移動距離は約58.2km。疲労がたまり完全休養日にするつもりだったわりには頑張ったと言いたい。ストイックな旅をする方々、ゆるい旅でごめんなさい。

GPSによる移動記録

より大きな地図で 1-4. 宇都宮→西那須野ルート を表示

  • 移動距離:58.2km (この遠征での総移動距離:258.4km)
  • 所用時間:7時間29分 (うち移動:6時間16分)
  • 平均速度:7.8km/h
  • 最標高:326m
  • 上昇距離累計:731m
  • 下降距離累計:723m

※上記数値はGPSの記録によるもので、ある程度の誤差があると思われます。

関連リンク

  • かっぱ寿司
    えがおがくるくる、かっぱ寿司。お寿司はすべて1皿100円(税抜き)。

関連記事

2件のコメントあり

  1. isao より:

    かっぱ寿司よりおいしいスシローに行きましょう。見てたら寿司が食べたくなりましたw

  2. 水月 より:

    isaoさん、こんばんは!
    スシロー行ったこと無いんですよ。うちからだと、烏山が一番近いのかな。今度試してみます。

コメントを残す