標高差も表示してくれる便利な地図「ルートラボ」

2010年1月18日 by 水月

ネットでサイクリングコースの地図が簡単に作れる

「ルートラボ」は、サイクリングコースやランニングコース、道案内などのルートを簡単に描いて公開できるインターネットのサービス。

先日、友人のKohさんに教えてもらったのですが、これがなかなか面白い。上の地図は、僕が実際に走った「福島→仙台ルート」のGPSデータをインポートして表示しています。

良いところ

  1. A地点とB地点を結ぶと、その間のルートが自動的に描いてくれる。
  2. 標高グラフを表示してくれる地図は珍しい。グラフでルートの高低差を確認しやすい。
  3. GPSデータをインポートできるので、旅したルートも表示することができる。
  4. 作った地図は、ブログ等にも貼り付けできる。
  5. ルート再生が、何となく楽しい。

できるだけ坂が無いルートを旅したいという僕みたいな軟弱ものにとっても、険しい坂をガンガン攻めたいという強者にとっても、旅のプランニングに役立ちそう。

ちなみに僕が日本一周旅行をした際は、“どれくらいアップダウンがあるかは、実際に走ってみないと分からない”という旅でした。それはそれで冒険的で面白い面もであるのですが、とんでもない目にも遭いました(笑)

わがままな要望

  1. ルート選択の際、一般道優先を選べるようにして欲しい。
    (長い距離を選択すると高速道路優先になってしまうので、細かくポイントを指定しなければならない)
  2. 地図の上に写真を貼れるようにして欲しい。
  3. ブログ等への貼り付け用画面のサイズは「大、中、小」を選べるが、カスタムできるようになると、さらに嬉しい。
  4. ブログ等へ貼り付け画面での、再生スピードの変更機能が付くと、さらに嬉しい。
    (ルートラボサイトだと可)
  5. ブログ等へ貼り付け画面での、全画面表示機能が付くと、さらに嬉しい。
    (ルートラボサイトだと可)
  6. デザインをもう少しスッキリさせてくれると、さらに嬉しい。
    (例えば、ブログ等への貼り付け画面の枠線が野暮ったいので消したい)
  7. ルート再生の現在地表示が円い矢印表示だが、カワイイアイコンなども選べるようになると、さらに楽しそう。
  8. カーナビみたいな3D表示ができたら、さらに楽しそう。
    (地図を少し斜めにするだけでも、ちょっとした3D気分が味わえるかも?)

なお、「ルートラボ」で作った地図は、関連サービスの「猛レース」で公開すると、各人が同じコースを”ひとりで走って”記録したGPSデータを持ち寄ることで、“みんなでレース”もできます。

GPS記録機器を持っている人は、「猛レース」の方も面白そうです。ただ、自転車では、ヒートアップしてスピードを出し過ぎたりしないようにご注意を。

関連リンク

  • ルートラボ
    サイクリングコースや道案内などのルートを簡単に描いて公開できるサービス
  • 猛レース
    GPS記録機器を併用して、“ひとりで走って、みんなでレース。”ができるサービス

関連記事

コメントを残す