日本一周自転車旅行記:第1次遠征9日目(2)

2010年2月3日 by 水月

2009年8月18日火曜日、作並温泉からの続き

関山トンネル(左が宮城県側、右が山形県側)の写真

下って見えるのに、上りという罠

作並温泉の温泉郷を過ぎたあとは、関山峠まで8kmくらい、ずるずるとしつこい上りが続く。見た目は下って見えるのに、後ろを振り向くと実は上りという妙な感覚を、ここで初めて味わった。

自転車の大敵、狭いトンネル

この日の国道48号線は工事中。そのため、一部区間で片側一車線規制だったのだが、車の通るタイミングが計りやすく、むしろ、車の流れを避けて通れて好都合だった。特に県境の「関山トンネル」(延長890m)では、片側一車線規制が有利に働いた。

「関山トンネル」の道幅は狭く、歩道がほとんどない。しかも、歩道寄りの路面は凸凹が多くゴミも落ちていたりして、路面の影響を受けやすい自転車で通ると、転倒の可能性があって危険なのだが、この日は片側一車線規制のおかげで車道を余裕を持って走ることができて本当に良かった。それでもトンネル内は暗いし、車が通ると騒音が響くし、十分怖かったのだが。

山形県に入ると、かっ飛ぶ高速ダウンヒル

トンネルをくぐり抜けると、国道48号線は「作並街道」から「関山街道」に名を変え、今度は一気に下り坂。せっかく苦労して上ってきたのに、“こんなに速く下ったら勿体ない!けど、気持ちよすぎて止まれない!”といった感じで、初の山形県入りの感動に浸る間もなく、6kmくらいをあっという間に駆け下りてしまった。

ドライブインの裏には大きな滝

「大滝ドライブイン泉や」の写真

下りでスピードに乗ってて、つい通り過ぎそうになった「大滝ドライブイン」だが、立ち寄って正解。ドライブインのすぐ裏には「大滝」という滝があり、なかなか眺めが良かった。

山形県東根市の大滝(乱川)の写真

ドライブインを出た後も、しばらく下り続きで、ペダルを漕がなくても進む状態が続いて楽ちん。上りの苦労は下りで必ず報われるのだということを強く感じると共に、山形の外に出るのは大変そうだな、とも思った。この後、国道13号線に入る頃まで、ひたすら下り基調で楽々だった。

山形は、何やら面白い。

ホース格納箱の「タント君」イラスト、自民党の“たたき上げ”の選挙広告、横断歩道人形(女の子)の写真
カラフルなタイヤが置かれた楽しそうな公園と横倒しになったタイヤの看板の写真
「後藤自動車商会」の亀柄の車&タイヤ人形、「JA天童」の“のんだら乗るな”のブロック文字の写真
将棋型の交通安全の石碑と「将棋むら天童タワー」の写真

山形に入ると、赤いホース格納箱に描かれた東根市のキャラクター「タント君」のイラストとか、何とも言えない絶妙な造形の女の子の横断歩道人形、あちらこちらに掲げられているオレンジの“たたき上げ”の選挙広告、カラフルなタイヤが置かれた楽しそうな公園、空き地で横倒しになった擬人化されたタイヤのキャラクター看板、個性的なイラストやキャッチコピーが描かれた「むらやま美容室」、「後藤自動車商会」に置かれた黄と緑の亀柄ペイントの車&タイヤ人形、「JA天童フルーツセンター」の果物採集コンテナを積み上げて描かれた“のんだら乗るな”のブロック文字、将棋型の交通安全の石碑、将棋の駒の形をした塔屋の「将棋むら天童タワー」等々、ついついニコっとしてしまうような光景に次々と出会って、何だか楽しい気分になった。自民党の“たたき上げ”の選挙広告は、ちょっとどうかと思ったけど。

天童市は「将棋駒といで湯とフルーツのふる里」とのことで、将棋にちなんだ景色をたくさん見かけた。春には人が駒に扮する「人間将棋」というイベントもあるようだ。

憩いの天童温泉

「道の駅 天童温泉」の噴水広場の写真

17時半頃、国道48号線(関山街道)から国道13号(山形バイパス)に入って1kmちょっと進んだところで「道の駅 天童温泉」があったので、ちょっと休憩。噴水の広場でこどもたちが楽しそうに遊んでいた。広場にあるステージの角みたいな白い屋根も、これまた何だかアニメのキャラの帽子のようで面白い。

道の駅天童温泉の「ひろばの足湯」の写真

そして、この日二度目の足湯。湯船の真ん中は、これまた将棋型。お湯が熱っ! みんな最初は「熱っ!」と言いながらも、ゆっくり浸かってた。

「第1次遠征9日目(3)」へつづく。

関連リンク

関連記事

4件のコメントあり

  1. kuwa77 より:

    水月様

     歩道のせまいトンネルでの猛ダッシュは今振り返っても恐怖心が強いですね。東北ですと仙岩トンネルも怖いですよ。

     学生の頃は私も自転車部で日本各地を旅して回りましたが、体力があればまたあの頃の情熱をまたぶつけてみたいという思いはありますね。

  2. 水月 より:

    kuwa77さん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    お返事遅くなってすみません!

    以前運営していた*istDS2をメインとした写真ブログでも、コメントをいただいておりまして、今回また再びお会いできて感動しております。

    kuwa77さんも自転車旅行にご縁があったとは。仙岩トンネルは2544mもあるのですか。恐ろしいですね…。

    落ち着いたらブログの更新を再開したり、また旅(近場ですが)に出たりしたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします!

  3. kuwa77 より:

    水月様

     ご無沙汰してしまいましたが、お元気そうでなによりでございます。やっぱり仙岩トンネルは長かったですか・・・大型ダンプが何台も後ろから過ぎ去り、だんだん真っすぐ走っているかどうかも不安になるような感触。自動車で走るだけではあの恐怖感はまず味わえないですしね。

     東北で思い出すのは八幡平アスピーテラインの見返峠の下りで、ここほど気持ちのいい疾走感はなかなかございません。

     逆に恐山に向かう途中の下り、台風と並走して走ったことがあったのですが、ブレーキをかけっぱなしでもスピードが落ちず、ブレーキシューが一日でダメになった事も。

     今はまだ寒いですが5月になればトレーニングで奥多摩方面各地おススメコースがございますので、ぜひお試しください。

  4. 水月 より:

    kuwa77さん、こんにちは。
    コメント、そしてTwitterでフォローいただきありがとうございます!

    トンネルの平衡感覚が狂うような感覚って怖いですよね。暗いところで足下が闇に消えていくような恐ろしい感覚もありますし。

    八幡平や恐山にも自転車で行ったことあるんですね。恐山はブレーキシューがそんなに摩耗するのですか…。

    足の具合を見つつ、奥多摩方面、ぜひ行ってみたいです。フレームを組み替えないと…。

コメントを残す